ホリスティック研究資料

「生まれ変わり仮説」を指示する事例の研究

退行催眠中の異言の分析を通して~

大門正幸(中部大学)/稲垣勝巳(稲垣勝巳メンタルヘルス研究室)/
末武信宏(さかえクリニック)/岡本聡(中部大学)

第28回生命情報科学会シンポジウム
於箱根湯本ホテル、2009年8月29日

退行催眠について

退行催眠とは、催眠を用いて被験者・患者に過去の人生を思い出させる療法。「過去世の記憶」が呼び覚まされることがあり、そこに焦点を当てたものを前世療法と呼ぶこともある

呼び覚まされる「過去世の記憶」は本物なのだろうか?

否定的な見解:
Baker, R.A. (1982) “The effect of suggestion on past-lives regression,” American Journal of Clinical Hypnosis, 25,71-76.

Spanos, N.P., Menary, E., Gabora, N.J., DuBreuil, S.C.,Dewhirst, B. (1991) “Secondary identity enactments during hypnotic past-life regression: A sociocognitive perspective.”
Journal of Personality and Social Psychology, 61, 308-320.

肯定的事実:

・通常は知り得ない(はずの)情報を知っている
  ←「詳細に報告(江戸時代に人柱となった少女の記憶)」

   2006年10月12日放映
   奇跡体験 アンビリバボー 2時間スペシャル番組 前世療法特集で
   稲垣勝巳先生の「史実と符合する前世」の事例

・身につけたことのない(はずの)技能を有する
  ←「知らないはずの外国語を話すことができる(異言)」

異言 (xenoglossy) について

2種類の異言

1.朗唱型異言
・recitative xenoglossy
・言語を使った応答はできない

2.応答型異言○
・responsive xenoglossy
・言語を使って応答できる


◆Brian Weissの言葉
「Some of these patients could speak foreign languages in their past lives that they’d never learned or studied in this one”」

◆Glenn Willistonの言葉
Chapter 18. Everyone wants to know

「28. Do clients ever speak in foreign languages during regression?」

「I have encountered several cases of attempts to speak in foreign languages. … These examples ranged in quality from greatly distorted to flawless.」

◆Ian Stevensonによる報告
Ian Stevenson, MD(1918-2007)

Xenoglossy: A Review and Report of a Case,Charlottesville, University of Virginia Press (1974)

催眠中にスウェーデン語を話すJensen人格になるアメリカ人女性を調査

Unlearned Language, Charlottesville,University of Virginia Press (1984)

催眠中にドイツ語を話すGretchen人格になるアメリカ人女性と覚醒中にベンガル語を話すSharada人格になるインド人女性(マラーティ語話者)を調査

言語資料の提示まで行っている分析例は、おそらく世界でもJensenとGretchenの2例のみ

 

Baker, R.A. (1982) “The effect of suggestion on past-lives
regression,” American Journal of Clinical Hypnosis, 25, 71-76.

稲垣勝巳 (2006)『前世療法の探求』東京, 春秋社, 2006.

Spanos, N.P., Menary, E., Gabora, N.J., DuBreuil, S.C.,
Dewhirst, B. (1991) “Secondary identity enactments during
hypnotic past-life regression: A sociocognitive perspective.”
Journal of Personality and Social Psychology, 61, 308-320.

Stevenson, Ian (1974) Xenoglossy: A Review and Report of a
Case, Charlottesville, University of Virginia Press.

Stevenson, Ian (1984) Unlearned Language, Charlottesville,
University of Virginia Press.

Weiss, Brian (2004) Same Soul, Many Bodies, London,
Piatkus.

Whitton, Joel. L. and Fisher, Joe (1986) Life between Life,
New York, Warner Books.

(2009.8)


A Study of a Case Supporting the “Reincarnation Hypothesis,”
with Special Reference to Xenoglossy


Masayuki OHKADO1, Katsumi INAGAKI2, Nobuhiro SUETAKE3, Satoshi OKAMOTO1
1Chubu University (Aichi, Japan)
2Ingaki Katsumi Mental Health Laboratory (Gifu, Japan)
3Sakae Clinic (Aichi, Tokyo, Japan)



Abstract:The aim of this article is to examine a case suggesting the existence of reincarnation by examining so-called past-life memories. Specifically, we will focus on a case of xenoglossy (a phenomenon in which a person shows the ability to use a language that he or she cannot have learned by natural means). We examine the words the subject uttered while she was in the state of hypnosis and the information she provided.
Keywords: xenoglossy, reincarnation hypothesis, hypnosis, regression therapy, language, Nepalese, Nepal

1.Introduction

Dr. Brian Weiss, a prominent American psychiatrist practicing regression therapy, states that “[s]ome of these patients could speak foreign languages in their past lives that they’d never learned or studied in this one” (p. 8).1)His statement seems to suggest that speaking a foreign language that a patient could have never acquired in normal situations is not a rare phenomenon.[1]
However, few researchers have actually examined any “foreign language” uttered by a patient, the only notable exceptions being three cases reported by Ian Stevenson2), 3)and two cases reported by Whitton and Fischer.4)
This paper examines probably the first documented case of xenoglossy in Japan which was reported by Inagaki5).

2.Data and How They Are Analyzed


The data examined in the present study were obtained in the session conducted on June 4th, 2005. The subject was a housewife living in central Japan, who majored in home economics when she was a college student and had experience working as a dietician. The session was conducted in the presence of several researchers (Chiaki ICHIKAWA, a clinical psychotherapist and a professor of Kogakkan University, Takeshi SAKO, a chief doctor of the Digestive Surgery Division of Tajimi Hospital, and Yoshiyasu IKAWA, a member of the Board of Directors of Japanese Education Hypnosis Association) and was videotaped throughout.
On May the 9th, 2009 we conducted another session at Sakae Clinic, Nagoya, with the same subject. In the session the subject was spoken to in Nepali by a native speaker of the Nepali language. After the subject was regressed to the life of the Nepali chief, she was spoken to in Nepali. She seemed to make appropriate responses in Nepali. Since analysis of these data is still under way, we focused on the data5)here, and will make a full report of the second session in the near future.
In the 70-minute session reported in Inagaki (2006) the subject was regressed to two “past-lives”: one being that of a 16 year-old woman of the 18th century Japan (the Edo period) and the other being that of a village chief in Nepal. Inagaki (pp. 154-184)5)examined what the subject said about her “first life” and found that more than 80% of the content was compatible with historical facts. Inagaki also determined that four points about the “second life” stated by the subject were not incompatible with historical facts. These were: some proper names, that the villagers did not use a calendar, what the villagers ate, and that the people in the village did not know how to write.
In recalling her “second life” as a village chief in Nepal, the subject spoke seemingly foreign expressions, which Inagaki could not identify at the time of his writing the above-mentioned book. We focused on the unidentified parts as well as the proper nouns the subject spoke and examined whether they were authentic Nepali. The analysis was made by three native speakers of the Nepali language: Khanal Kishor Chandra, visiting researcher of Chubu University, and Khanal Yamuna Kandel, and Madhu Sudan Kayastha, graduate students of Chubu University. Their analyses were not necessarily the same in every respect and the reported analysis here was that of Khanal Kishor Chandra.

3. The Results of the Analysis

Since the full report has already given5),we will present the Nepali words here. We note that the three speakers of Nepali agreed that, although it was not always clear, the language spoken by the subject sounds like natural Nepali.


(1) The place where he (the village chief) lives:
Gorkha
(2) His own name:
Rataraju
(3) His wife’s name:
Rameli
(4) His son’s name:
Adish Kailash (?)
(5) The place where he lives (in more detail):
Naru
(6) The King’s name:
Gorkha, Kaushar
(7) His response to the request to say “I am chief of the Naru village” in Nepali:
Aru Vanda Eni Yada Aucha (?)
(8) His response to the request to say “My wife’s name is bla bla bla …” in Nepali
Ma Aja Kathmandu magai Mugulin (?)


The question marks in (4), (6), and (7) indicate that the last word could not be properly identified so that the native speaker provided what he believed the subject was saying.
The answer to (1) is an existent district of Nepal. The answers to (2) and (3) are Nepalese names. The latter part of (4) sounds more like “karyaus.” Since it is meaningless in Nepali, the native speaker judged that the subject wanted to say “Kailash,” which is an existent Nepalese name. Since “Kailash” as well as “Adish” are independent names, the utterance seems to have been intended to refer to two people. As for the answer to (5), the native speaker judged that the subject wanted to say “Namjung,” and existent village in the Gorkha district, which can sound “Naru” when pronounced rapidly. Although “Kaushar” in (6) is an extent Nepalese name, there is no Nepali king by that name. It may be possible, however, that the subject intended to refer to a leader of a lower rank, for instance a governor of the Gorkha district, which must be further investigated in future research.
It is worth pointing out that the subject’s own name in her “past life” as a Nepali village chief, “Rataraju,” is not a very common name, although it is found in Nepal. At the time of this writing (April 13th, 2009), a search using Google for the proper names uttered by the subject resulted in the numbers shown in table 1.

Table 1 Google Search Numbers for Proper Names

words searchedroman letterskatakana
Gorkha(ゴルカ)375,00015,500
Rataraju (ラタラジュー)20
Rameli(ラメリ)17,300538
Adish(アディッシュ)93,400128,000
Kailashi(カイラッシュ)3,410,00059,100
Naru(ナル)3,070,0001,740,000
Kaushar(カウシャ)8,89010


Of the two hits for “Rataraju” one actually does not contain the string and the other page is an anagram page that does not seem to be written in real language.
As reported in Inagaki (pp. 220-225)5), it is almost certain that the subject has very little knowledge of Nepal and that she cannot (or at least could not previously) use the internet to obtain any information regarding Nepal. Even if she could have used the internet, it is highly unlikely for her to have been able to pick up the name “Rataraju.”
The last words of answers to (7) and (8), respectively, sound more like “adis” and “megris.” Since they do not make sense as they are, the native speaker judged that the subject wanted to say “Aucha” and “Mugulin,” respectively. The meanings of the utterances in (7) and (8) are, respectively, “it reminds me more of her than another” and “today I go to Kathmandu and Mugulin.” Although the utterances are in Nepali, they are improper as responses to the requests made in (7) and (8). As is well-known, there are two types of xenoglossy, one being recitative and the other being responsive. The present case seems to be situated “somewhere in between.”

4. Conclusion

The present analysis revealed that the utterances the subject made were indeed in Nepali. Then, where did she learn the foreign language? If the subject has never studied Nepali as reported, there can be six possible account for the phenomenon: (i) the possibility of fraud, (ii) cryptomnesia, (iii) DNA inheritance, (iv) super-extrasensory perception, (v) reincarnation, and (vi) possession by a discarnate personality. We have every reason to discard (i)-(iii) as demonstrated in Inagaki (2006). The present analysis provided an additional piece of evidence for this conclusion. The fact that, although incomplete, the subject can make responses in Nepali seems to suggest that (iv) should be discarded. Of the two remaining possibilities (v) and (vi), judging from the fact that the subject feels the “memories of the two lives” as her own, we are able to argue that (vi) is the better explanation. We believe that the full analysis of the second session conducted in 2009 will provide further evidence for choosing (v) as the best explanation.


References

1) Weiss, B.:Same Soul, Many Bodies, London, Piatkus, 2004.
2) Stevenson I.:Xenoglossy: A Review and Report of a Case,Charlottesville, University of Virginia Press, 1974.
3) Stevenson, I.:Unlearned Language, Charlottesville, University of Virginia Press, 1984.
4) Whitton, J. L. and Fisher J.:Life between Life, New York, Warner Books, 1986.
5) Inagaki, K.:Zensei Ryouhou no Tankyuu(Exploring Past-Life Hypnotherapy), Tokyo, Shunjusha, 2006.

医療従事者のための補完・代替医療

カラーセラピー

●定 義

色彩が人体に及ぼす効果を利用して各種疾患の治療を行う療法である。従来のファッションデザイン的に名づけられたカラーセラピーでは、心理的効果のみを利用した民間療法1つであった。心理的効果のみを利用する従来のカラーセラピーとは異なった、各個人に対応した5色の色(青、赤、黄、白、黒)を使用し、筋力、自律神経機能への影響を及ぼす効果を治療に用いる。人間の対応する(色による筋力変化を測定)色を判定する。各個人は其々自分に対応する。すなわち5色のうち1色を視覚的に認知して、イメージもしくは、手に触れて筋力が向上する色を判定する。その色を自分のエアナジーカラーと判定する。エアナジーカラーを疾患の治療へ応用する。

●背景、歴史

陰陽五行論の概念に対応した色(青、赤、黄、白、黒)を人間に対応させた。つまり、地球上の自然界のカテゴリーである5色の色が小宇宙として捉えられた人間に影響するといった考えである。五行論は周代(紀元前1030年頃~前221年)には世界認識の概念として使われ始め、漢代(前202年~後220年)には今日的な理論体系の体栽を整えていた。五行は万象を5つのグループに範躊化するために用いられた概念だったが、陰陽思想と一体化して後には、万物を成り立たせている「5つの様態」というように理解が変化していった。古代中国では皇帝が国を支配するための理論でもあった5行配当表には色以外にもさまざまジャンルの事物が配当されているが人体の五臓・五腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱)と五行の対応は漢方、鍼灸では、この配当が生きた理論として用いられている。五行の5色は、世界を象徴的に表すシンボルとしてもっとも多く用いられたもので、今日でも、相撲の櫓の四方の房の色、東の青房、西の白房、北の黒房として用いられ(以前は柱の色であった)、中央の黄色は、土、すなわち土俵によって表現れている。古来の思想では地球上の万物は、木、火、土、金、水、すなわち青、赤、黄、白、黒の色が対応しているという考え方である。

●対象となる疾患や症状

色彩のもつ人体への影響は心理、筋力、自律神経にも影響を及ぼすと考えられる。とくに自律神経に異常が生じる疾患にはカラーセラピーは効果が期待できると考えられる。更年期障害、自律神経失調症、糖尿病による神経障害、不整脈、高血圧症、骨格筋損傷による筋力低下等に効果がある。カラーセラピーでは各個人のエナジーカラーを判断して、エナジーカラーを治療に用いる。これは心理的な側面を変化させる治療とは異なり、筋力、自律神経機能への直接的な治療効果を期待するものである。つまり、各個人に対応した色である5色のうちの1色(エナジーカラー)を用いる。エナジーカラーが青と判定されれば、治療に使用する色は原則として青を使用する。この場合、色のもつ心理的影響は無視することになる。使用する色は単色であるが、患者への治療の説明、エナジーカラーの意味、効果に関してはしっかり理解が得られるよう説明してから治療を始めるべきである。医療行為としての理解を示さない患者には効果が期待できない場合がある。また、重疾患者や他に治療効果が高い療法がある場合は、その方法を優先させる。カラーセラピーは、患者と治療を行う医師との間で信頼関係がある程度必要となる。プラセボ効果も加算的要素である。

●方法

色彩がはっきり視覚的に確認できるプラスチック製の棒を使用する。まず個人に対応するカラー(エナジーカラー)の判定を指の筋力を測定する機器であるピンチ力センターとコントローラー(Isoforce OG技研)で行う。測定範囲3~100N(10.2kgf)。分解能IN(0.1kg)。精度±1%FS (1N/0.1㎏f)。被験者に青、赤、黄、白、黒の長さ10センチの棒を右手に把持して棒の色を視覚的に認知させるとともに各色のイメージを1分間行う。各色の棒を把持しながらピンチセンサーを10秒間親指と薬指でできる限り強く押さえる。

10回の測定を各色で行い平均値の最大値を示す色が被検者のエナジーカラーとする。平均値の最低値を示すカラーをマイナスカラーと判定してエナジーカラーとマイナスカラーが五行色体表で一致することを確認する。青で最大値が確認できた被検者のエナジーカラーは青と判定して黄で最低値を示すはずである。被検者のマイナスカラーは黄である。赤で最大値が確認できた被検者のエナジーカラーは赤と判定し、この場合、白で最低値を示すはずである。白がマイナスカラーである。同様にエナジーカラーが黄の被検者はマイナスカラーが黒、エナジーカラーが白の被検者はマイナスカラーが青、エナジーカラーが黒の被検者はマイナスカラーが赤である(表1)。測定に指のピンチ力を指標にして理由は、他の骨格筋に比較して繰り返す屈曲運動でも疲労の回復が早く、短時間で簡易に測定ができ、再現性が高いからである。指は大脳皮質の感覚領を最大限に代表する部分であり、検者にも検査が再現性、客観性、普遍性を損なわず行える。エナジーカラーが判定されたら、被検者に対して被検者のエナジーカラーでカラーセラピーを行う。被検者のエナジーカラーのカラー棒を使用して、イメージ指導を行う。エナジーカラーのカラー棒を片手でしっかり把持してエナジーカラーを視覚、触覚による認識する。ほかの事を思慮せず、エナジーカラーもみを5分間意識させる。これにより、エナジーカラーの筋力への影響のみならず自律神経系の影響が確認される。自律神経機能を定量評価するためには心拍変動解析システムである。Biocom社のハートリズムスキャナもしくはインナーバランススキャナを使用する。自律神経失調症と診断された31歳男性に対するカラーセラピー前後の自律神経機能を定量評価した(図2、3)。

図2、図3は自律神経レポートである。カラーセラピーの前後のテスト結果が表記されている。心拍変動を高速フーリエ変換(FFT)法で周波数領域のスペクトル解析を行った。この解析における指標は、低周波成分(LF)および高周波成分(HF)が代表的である。交感神経と副交感神経活動を分離評価できるため非常に有用性が高い。一般に両神経系は各種負荷に対して鏡像的に変化するとされてきたが、病的な場合、お互いに独立した変化を示すことが観察されており交感・副交感神経活動の分離評価の臨床的意義は大きい。カラーセラピーにより自律神経機能改善が認められることが多いが、自律症状が改善しない場合でも、明らかに自律神経機能の改善が各指標の数値で認められる場合がある。自律神経は視床下部の機能に密接に関係しており、免疫系、ホルモン系との関係も確認されている。カラーセラピーは特殊な器具を必要としない。原色としての5色の色をはっきり認識でき、手に把持しやすいものではカラー棒は利便性が高い。また検者は被検者にはっきりエナジーカラーを認識させる指導もあわせて行う必要がある。ピンチ力によるエアナジーカラーの判定はバイデジタルOリンヅグテストを使用しても簡単に確認することが可能である。バイデジタルOリンヅグテストを行うには一定の条件下のもとで熱練した検者が行うべきである。この場合もカラー棒をもった対側の指(親指と人差し指、中指、薬指、小指のいずれかの2指)で輪をつくらせる。検者がこの輪を両側から指で開こうとするのに対し、それに抵抗させ、そのまま維持しようとする指の力の強弱を判定する。

●作用機構

カラーセラピーでは色の人体に与える効果を治療に応用する。この場合、色は物体に反射された光が網膜の錐体細胞を刺激することで認知される。人間は物体の反映した光で色認識する。光は電磁波の一種で電磁波にはいろいろな波長のものがある。波長の範囲で紫外線、可視光線、赤外線と呼ばれている。可視光線は波長の違いで色の違いが起こる。カラーセラピーでは色の波長の情報がまず網膜の錐体細胞で認知され電気信号として視神経を通り全情報は大脳後頭葉の最内側にある「一次連合野」に入り、網膜からの情報は、ここから脳の各部分に送られていく。送られていくなかでどんな色かの視覚情報が計算せれていく。最近では PETスキャンという手法が開発されヒトの脳のなかで起こっている現象をその場でみることができるようになった。V4と呼ばれる後頭葉と側頭葉の連合部の内側が色の認知に非常に大きな役割を果たすと考えられている。認識された色の情報は何段階かの視覚情報処理を経て運動野、視床下部へも伝わる。特定の色が個人個人の筋力の変化、自律神経機能へ与える影響を及ぼすのは、電磁波の一種である光が視覚報として伝わる経路以外にも、色を電磁波である光の反射として捉えた場合は、手の皮膚からも情報が伝わっている可能性がある。色の情報が生体に伝わる機構に関しては未だ不明瞭な点が多いが、臨床的結果から色が明らかに生体に対して筋力、自律神経機能へと影響を及ぼす点は、色のもつ電磁波としての生体へ影響を示すものと考えられる。エアナジーカラーである色という光の波長に対応する部分が中枢神経系のどの部分に相当するかは現在のところわかっていない。色を電磁波として捉えた場合は、その情報が、内側縦束、外側脊髄視床路、脊髄小脳路などの上行神経路のいずれかが脳へ電磁波の情報を伝えその情報を自分のエアナジーカラーに応じて判断して下行神経を通じα‐モーターニューロンに伝わる。全身のα‐モーターニューロンに身体各部の骨格筋の筋力を変化させる刺激が伝わる。つまり、エナジーカラーの刺激が認知された場合は筋力が上昇するように働きマイナスカラーの刺激が認知された場合は筋力が低下するように働く。また、エアナジーカラーは電磁波として捉えた場合は視床下部へ情報が伝わり、恒常性維持として働くと考えられる。つまり、交感神経活動と副交感神経活動のバランスが整い、自律神経機能の定量評価も改善傾向が確認せれる。マイナスカラーの影響はこの逆が考えられる。各個人のエアナジーカラーやマイナスカラーがどの部位で認知されるかは未だ不明である。

●臨床評価、EBMの現況、問題点

1)臨床評価

カラーセラピーの治療効果のもっとも有効な疾患は、自律神経失調症、更年期障害が考えられる。自律神経失調症には多くの症状がみられるが、治療効果の判定には心拍変動解析システムである。Biocom社のハートリズムスキャナ、インナーバランススキャナを用い定量的に行う。これらのシステムでテストされた患者のPre-Post(カラーセラピー前後)の評価の指導をLF(低周波数成分)、HF(高周波数成分)、LF/HF比とする。それぞれ、主として交感神経活動、副交感神経活動、交感神経機能の指導として捉えられる。まず、患者のエナジーカラー(青・赤・黄・白・黒のいずれか)をピンチ力測定器で判定して、患者のエナジーカラーでカラーセラピーを行う。カラーセラピーは自分のエナジーカラーを強く意識することが治療となる。必ず動機づけとしてカラー棒もしくは、カラー板を実際、患者の片手にもたせて行う。同時に5行色体表に対応する5指のうちいずれかに患者のエナジーカラーのシールを貼る。この場合、シールの素材は紙である。治療時間は5分程度で十分であるが、患者のエナジーカラーの認識具合に応じて時間は短縮、延長する。自律神経失調症と診断された 10名の患者に対し、エナジーカラーによるカラーセラピー前後のLnHF、LnLF/HFの差について検定を行い有意差が認められた。(有意水準は 0.05とした)つまり、エナジーカラーによるカラーセラピーで自律神経失調症の患者の自律神経機能は改善したと考えられる。患者に対して、容易的な指標を示すインナーバランススキャンでRegulatory Balance、Regulatory Effortsの結果を示す(図4)。

このシステムではカラーセラピー前後の治療効果の判定が可能である。

2)EBMの現況、問題点

カラーセラピーにおける治療効果は自律神経機能の定量評価を示す心拍変動分析システムで客観的評価が可能である。このシステムはカラーセラピーの治療効果の判定だけではなく、アロマセラピー、クライオセラピー、リフレクソ療法、音楽療法、光療法、イメージ療法、催眠療法、自律訓練法、鍼灸などの自律神経機能を改善させる可能性がある、各種療法の効果評価に大変有用である。このようなカラーセラピーの治療効果の客観的判断が可能であるが、なぜエナジーカラーが5色存在し、各自違った5色のエナジーカラーと対応しているかは、推論の域を出ない(地球上の元素と小宇宙である人間が各元素に対応しているという概念)。しかし、5色の色に対し明らかに1色で筋力が上昇し、他色で筋力が変化することも事実である。エナジーカラーを認識して筋力や自律神経への影響を及ぼす回路は解明されていない。著者が行った統計からエナジーカラーに対する人間の比率は、おおよそ青:赤:白:黒=7:2:0.01:1:0.001であると予想される。この比率もあくまでも統計的推測である。従来、行われてきたカラーセラピーの心理的な効果もEBMに乏しいものが多く、客観的判断がほとんど行われていなかった。心理的効果は個人の主観に大きく左右され、カラーセラピーを受けるときの神経的状態にも左右される。しかし、エナジーカラーは普遍であり、心理的要素は排除される。エナジーカラーを使用してカラーセラピーにより筋力向上、自律神経機能改善が確認されている。

カラーセラピーの理論は陰陽五行論を基礎として概念の5色を使用した療法であるが、陰陽五行論自体が、科学的根拠に乏しい概念との評価もあるのも事実である。エナジーカラーを使用した生体反応は理論よりむしろ、生体における5色の反応で現れた現象を説明する概念にもっとも近いと考えた。エナジーカラーがなぜ、個人によって違い、各比率が存在するかは、説明ができない。色が光の電磁波という考え方で、生体がつくる電磁場との反応として何らかの影響が色により生ずると考えると説明がつく。しかし、現代の物理学、生理学では明解な説明が得られていないエナジーカラーと生体反応のメカニズムが解明されればさらにカラーセラピーの治療範囲が広がると考えられる。