最新の傷のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

新しい傷のケアの考え方

新しい傷のケアの考え方

医療機関での創傷処置の実際口腔内の傷や縫合創はどうして雑菌がウヨウヨいるのに化膿しないのか知っていますか?口腔内の傷には

1:消毒しない
2:ガーゼを当てない
3:クリームを塗らない
4:入浴制限や傷を濡らさないといった制限がない

からです。

口腔内は特殊な組織だから化膿しないというわけではないのです。

よく考えてみてください。この逆のことをしたら傷はどうなってしまうのでしょうか?

1:消毒する
2:ガーゼを直接当てる
3:クリームを塗る
4:入浴制限をして傷を洗わない

上記の処置は傷が治らないようにすることですね。

わざわざ、医療機関へ行って、お金を払って、時間を費やして、しかもとても痛い目に会って 傷の治りを悪くされていてもどうして誰も何も言わないのでしょうか?
消毒は精神安定剤なのでしょうか?
創面に消毒すれば強い痛みが生じ生体にとっても大きなストレスになります。
ましてやガーゼを当てられてむしりとられる時の痛み、ソフラチュールをはがすときの痛み、夏場の入浴制限の辛さ。生活制限。

たかが傷、されど傷です。

なぜ、日常生活で最も大きく身体にかかわる傷のことをもっと考えないのでしょうか?

医療機関での創傷処置の実際子供たちやアスリートにとっては傷は日常茶飯事の出来事であり 気にかかることなのに・・・

私にとってはとても不思議なことです。

今、多くの食品会社が社会的に徹底的に叩かれていますね。
賞味期限偽装、産地偽装、残り物の使いまわし・・・
でも死亡者が出たり健康被害にあわれた方は現段階では中国産ギョーザ以外はほとんど出ていませんね。

でも、有害商品をあたかも傷のケアに効果的であるがごとく販売している会社が存在します。本当に医学的裏付けがあるのか大きな疑問です。
こういった医学的には?の商品を数多く販売している会社は大きな利益を出しています。

医療機関での創傷処置の実際この会社の傷ケア消毒薬を傷へ使用すれば確実に傷は悪化し治癒が遅れることは明白です。

親たちを騙し、子供達をいじめて痛い思いをさせる商品で収益を上げる。

食の被害どころではありません。
大きな健康被害になっていても 未だほとんどの消費者が気が付いていない。

「銀イオン消○剤に除菌効果なし、小○製○に公取排除命令」

といった報道もありましたが、効果がないことを効果があるように唱って販売利益を上げる。

まさしくどんなものでも売れれば何でも構わない・・・といったところでしょうか。

食品会社から医薬品会社へ。社会の目が厳しく向く日も遠くありません。

こういった有害商品による被害者が一人でもなくなることを祈っております。

医師、消費者、厚生労働省が問題商品としているにも関わらず未だ、メーカー側がこの商品を回収していません。

その理由は、これまでに数千万個販売されている理由からかもしれません。

もし、この商品は本当に有害商品ならば、のべ数千万人の方の傷の治癒が遷延したとも考えられます。

是非ともこの商品に関するメーカーのお考え、多くの批判や有害商品という認識へのご回答を期待しております。

このサイトを企業の関係者の方がご覧になってご意見を頂けましたら内容をご紹介させていただきます。

傷を乾かしてよいのか?

消毒してよいのか?

上からスプレーすることでかえって不潔にならないのか?

また、確実にこの商品が創傷治療に役立ち、感染を防止したり、痛みを改善させたり治癒を促進させるというデータを公表していただけましたら幸いです。

長年にわたって販売され多くの消費者に愛用されている商品なのでこのサイトで問題商品との評価が適切なものではないかもしれません。

このサイトではあくまでも一方的な情報をお伝えするのではなく有用と考えられる情報はすべてご紹介させていただく方針です。

メーカー側のご意見が多くの医師や消費者を必ず納得させると考えております。

よろしくお願いいたします。


<国民生活センターからの警告>

パウダースプレー式の殺菌消毒薬は、キズをひどくすることがあります!
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-980618.pdf


<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック 院長
一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会 理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

トップアスリート株式会社

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

美容外科学会

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

 

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

copyright(c) 美容の杜 All rights reserverd