最新の傷のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

代表的な医療用創傷被覆材の種類

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

代表的な医療用創傷被覆材の種類

1)ポリウレタンフィルム・ドレッシング材

医療機関での創傷処置の実際商品名では、テガダーム(3M)オプサイトウンド(Smith & Nephew)IV3000(Smith & Nepnew)バイオクルーシブ(Johnson & Johnson)など。

片面が粘着面となっている透明なフィルムで、水蒸気や酸素が透過でき、中が蒸れないようになっています。出血を伴わない創面、あるいは水疱の保護、褥瘡の予防などに使われます。

2)ハイドロコロイド・ドレッシング材

医療機関での創傷処置の実際商品名はデュオアクティブ(Convatec)コムフィール(コロプラスト)、テガソーブ(3M)、アブソキュア(日東メディカル)など。

シート状になっており、外側が防水粘着面になっています。外側の防水層により、外気から遮断されます。水性コロイド粒子は浸出液を吸収することで湿潤したゲルとなり、この湿潤環境が肉芽増生、上皮細胞の移動に最適の環境を提供し、外気中の酸素を遮断するため、代償的に創部の毛細血管形成が促進されます。創面のコロイド粒子がゲル化するため、創面に癒着することはありません。新鮮外傷での使用、指のように円柱状の部位の皮膚欠損では,創面に適合しやすい薄いデュオアクティブが非常に有用で、貼っていても目立ちません。

3)ポリウレタンフォーム・ドレッシング材

商品名はハイドロサイト(Smith &Nephew)

一番外側が水分を通さないポリウレタンフィルム、一番内側が非固着性の薄いポリウレタンであり、これらに厚い親水性吸収フォームが挟まれています。中層は高い吸水性をもち、滲出液を吸収し、かつ適度な水分を保持し、創面の湿潤環境を保ちます。ドレッシング材自体が溶けないため、浸出液の多い創面がよい適応をします。また、指尖部損傷に威力を発揮します。ハイドロサイトで指尖部を覆うと、ドレッシング材自体に厚みとクッション性があるため痛みが軽減します。

4)アルギン酸塩被覆材

医療機関での創傷処置の実際商品名ではカルトスタット(Convatec)ソーブサン(アルケア)アルゴダーム(メディコン)、クラビオAG(クラレ)など。

海藻のコンブから抽出されたアルギン酸塩を繊維状にして不織布にしたものです。アルギン酸は自重の15~20倍の水分を吸収し、滲出液などのナトリウムイオンを含む水分を吸収するとゲル化します。このゲルが創面の湿潤環境を保ちます。ゲル化する際にカルシウムイオンを放出することで、極めて強力な止血効果を有します。指尖部切断のように通常の圧迫ではなかなか止血しない場合でも、アルギン酸塩で被覆して密封し,患部を挙上しておくと容易に止血が可能です。この被覆材は「出血を伴う皮膚欠損創」には最適であり、受傷直後の処置はこれだけで十分です。

5)ハイドロジェル・ドレッシング材

商品名ではジェリパーム(竹虎)ニュージェル(Johnson & Johnson)イントラサイト(Smith & Nephew)グラニュゲル(Convatec)、クリアサイト(日本シグマックス)など。

親水性ポリマー分子が架橋を作り、マトリックス構造をとり、その中に水分を含んでいます。水分量が製品ごとに違っています。水分量も97%というものから60%程度とさまざまです。通常はフィルムドレッシングで密封して利用します。この被覆材が最も効果を発揮するのは、滲出液が少ない「乾燥気味の開放創」です。また、深い陥凹となっている開放創にも利用でき、組織欠損を伴っている傷を、この被覆材で充填し密封すると、急速な肉芽増殖が起こり、陥凹がかなり早く肉芽で平坦化します。

6)プラスモイスト

医療機関での創傷処置の実際夏井 睦先生が開発された創傷被覆材。一般薬局でなく,調剤薬局・院内薬局で処方箋なしに購入できます。非常に優れた吸収力により、傷口からの過剰な滲出液を吸収(ドレナージ)します。乾燥による傷口へのはりつきを防ぎ、優しく保護します。スムーズに貼り替えることができ、交換時の痛みを大幅に軽減します。傷口以外の皮膚がふやけにくく、かぶれなど皮膚トラブルが生じにくい構造になっています。傷口の大きさ、形状に応じて自由にはさみでカットできます。薄型で柔軟な素材で構成されているため、様々な形状の傷口にフィットし、また傷口を圧迫しません。

プラスモイスト詳細

プラスモイストのインターネットでの購入先はこちら

 

市販の創傷被覆材

キズパワーパッド(TM)(Johnson & Johnson)

キズパワーパッドこれまで病院などの医療現場で床ずれ・やけど・外傷の治療に使われてきたハイドロコロイド素材を、家庭向けキズケア製品として初めて応用。ハイドロコロイド素材の使用により、「キズをピッタリ覆って、キズ口に出てくる体液(滲出液)を保持した方が、キズは早くきれいに治る」というキズケアの新しい考え方(“モイストヒーリング”)を実現。

 

■キズパワーパッド(TM) 5つの特徴

1.キズを早くきれいに治す
2.痛みをやわらげる
3.高い粘着力と、優れた防水性・防菌性で
  お風呂やシャワーのときにも
4.しなやかな貼り心地、しかも肌色半透明で目立たない
5.やけど(ただし軽度のやけど)にも使える

■キズの大きさに合わせてサイズを選びましょう

キズパワーパッド(TM)は、キズ口を一枚で密閉することによって効果を発揮します。 確実にキズ口を密閉することができる、キズ口の大きさにあったキズパワーパッド(TM)を使用ください。

■キズパワーパッド(TM)って?

キズパワーパッドTMは、はるだけで自然治癒力を高め、キズを早く、痛みを少なく治し、そしてキズあとも残しにくいという、これまでになかったキズケア製品です。その秘密は、ハイドロコロイド素材。これまで病院などの医療機関で床ずれ・やけど・外傷の治療に使われてきたハイドロコロイド素材を、家庭向けキズケア製品として初めて応用。ハイドロコロイド素材の使用により、「キズをピッタリ覆って、キズ口に出てくる体液(滲出液)を保持した方が、キズは早くきれいに治る」というキズケアの新しい考え方(“モイストヒーリング”)をキズパワーパッドTMは実現します。

皮ふが持つ自然治癒力を最大限に活かし、キズを早くきれいに治すキズパワーパッドTMは、これまでの「キズを保護する」ためだけの救急ばんそうこうではありません。「キズを早く治す」先進・救急医療用具へと進化した次世代のキズケア製品です。

キズパワーパッドTMは家庭向けキズケア製品として日本で初めて、「治癒の促進」「痛みの軽減」「湿潤環境の維持」を効能・効果として承認されています。

■キズパワーパッド(TM)の秘密

キズパワーパッドTMは二層構造。外側は、バイ菌や水の侵入を防ぐポリウレタンフィルム。内側は、ハイドロコロイド素材でできています。ハイドロコロイド素材は、皮ふにぴったりくっつくための粘着剤と、水分を吸収・保護するハイドロコロイド粒子(親水性ポリマー)でできています。このハイドロコロイド粒子が、キズ口に出てくる体液を吸収してふくらみ、ゼリーのようなゲル状のクッションになります。

■効能・効果

切り傷、すり傷、さし傷、かき傷、靴ずれ等の創傷及び軽度の熱傷の「治癒の促進」、「痛みの軽減」、「湿潤環境の維持」、「保護」。

無意味な医療材料

ソフラチュール

医療機関での創傷処置の実際医師になったばかりの頃、ソフラチュールという医療材料を傷へ直接当てて使用していた経験があります。今では恥ずかしい思いです。

夏井先生のホームページには、その素材としては「コットン+無水ラノリン+白色ワセリン+硫酸フラジオマイシン」。コットンといえば綿、フラジオマイシンは皆様よく御存知の抗菌剤、ワセリンはよく御存知のワセリンである。とご紹介されています。

さらには、唯一あまりおなじみでないのは「無水ラノリン」であるが,これは「ハーブを利用してクリームを作ろう」なんていうサイトを覗くと,クリームの基材としてよく使われるものらしい。さらにしつこく「ラノリン」について調べてみたが、これは「羊毛を刈り取ってウールに仕上げる際に副産物として回収されるウールグリースを精製したもの。融点40℃付近の淡黄色の蝋状物質で、高級アルコール及び高級脂肪酸のワックスエステル」だそうである。と詳細に調査されています。

要するに、網目状にした綿に抗菌剤を含ませた軟膏基材を練りこんだもの、と考えていいようである。問題はこれが創治癒にとって有効なものか、という点だ。とも大きな疑問を投げかけられています。

もちろん、上記の「コットン+無水ラノリン+白色ワセリン+硫酸フラジオマイシン」でお判りのように,これはこのサイトで奨励している「創傷被覆材」ではなく、あの有害な「ガーゼ」とまったく変わりがない。従って皮膚欠損創には使うべきではない、というのが結論。

と厳しいご意見ですが、私もまったく同感でこれほどしっかりとソフラチュールの無意味さを明言していただいた夏井先生に感謝いたします。

ほとんどの医師がソフラチュールは有用と今でも考えているのではないでしょうか。

私が自分で美容外科、美容皮膚科クリニックを開業して12年。

当初からソフラチュールはクリニック内へ常備しておりませんでした。

というより傷へ有害であると考え使用するつもりもありませんでした。

これを知ったある医師は、先生は美容が専門なのにソフラチュールも置いていないの?

と馬鹿にしたような発言をしたことを今でも忘れません。

私の経験ではソフラチュールを貼ると傷が乾燥するだけでなく、創部とソフラチュールがしっかりとくっついてしまい、剥すときに大きな痛みを伴い出血するので傷がかえって悪化することを確信していたので不要と考えていたからです。

傷をいかに早くキレイに治すかをいつも考えている美容外科医にとって ソフラチュールはガーゼ同様の傷の敵だったのです。

しかしなぜか,日本中の病院,医者の間では「傷がグジュグジュして困った時はとりあえずソフラチュール」という考えが蔓延していますし,いわば常識的に使用されています。。「ソフラチュール信仰」?。

どうしてでしょうか?

抗菌効果のためでしょうか?

私は無意味と考えています。
むしろソフラチュールの使用で感染が惹起される可能性が否定できません。 なぜならソフラチュールの細かい線維が創部への異物として残存する可能性があるからです。

いずれにしても美容外科専門医として 絶対にソフラチュールは今後も使用しませんし、患者さまや私が指導させていただく医師たちには使用していただきません。

ソフラチュールの必要性に関しまして、一般皮膚外傷では 新しい創傷治療を行えば感染のリスクもほとんどありませんので創部の組織に絡みこむようなソフラチュールの感染予防の意味がわかりません。

感染の可能性が低い場合、むやみに使用する必要はありませんし、使用することで確実にはがすときには強い痛みと出血、創部組織のダメージを引き起こすと考えられます。
私自身、ソフラチュールのはがす痛みを体験しておりますし、患者さまにも申し訳ないことに 研修医の時代には当然のごとく使用していました。

日常診療の場でガーゼ同様、当然のごとく使用されているソフラチュールの有用性、必要な皮膚外傷の状態が明確にご指摘していただけるのであればぜひともメーカーや他の臨床医のご意見も頂けましたら幸いです。
ソフラチュールの正しい適応の場、使用法をこのサイトで紹介させていただきます。

メーカーの説明書には抗生剤が含まれているためさ殺菌効果が期待できるとありますが、正常な創部の状態を保つ方がよほど感染予防に役立つのではないでしょうか。

臨床に携わる医師にとってソフラチュールの使用を見直す時期に来ていると考えております。

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック 院長

一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

トップアスリート株式会社

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

 

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

美容外科学会

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

copyright(c) 美容の杜 All rights reserverd