最新の傷のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

新しい傷の処置と傷が治癒する仕組み

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

新しい傷の処置

傷の処置は、特別な医療用材料を使用しなくても、必要十分な対応が可能です。

1:傷は消毒しない。

2:傷には、直接ガーゼを当てない(被覆材の上からはOK)。

3:傷はすぐに水道水で洗う(できる限り異物を除去する)。

4:絆創膏の使用は閉鎖性のもののみとする(傷を乾燥させない)。

5:傷は食品用ラップで覆う(ワセリンを塗ってもよい)か、医療用被覆材(最近は薬局でも手に入る)ですぐに覆う(この上からガーゼや保護材を覆うことはよい)。

6:傷の処置の準備として、ビタミンC誘導体ジェルを塗布する(市販のドクターズコスメで燐酸アスコルビン酸Naが含まれているもの)。ビタミンC誘導体には、線維芽細胞の働きを高め傷の治癒を促進し色素沈着を抑制する効果があります。驚くほどの治療効果が得られる場合もあります。

7:出血は単純に圧迫。

8:刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関を受診する。

9:傷にクリームは絶対使用しない。クリームは界面活性剤であり、細胞障害性があるため傷に塗ってはいけない。

10:原則、翌日からシャワー、入浴を許可。創面を濡らしても問題はない。

11:他人の傷を処置するときは必ず、感染防止のためディスポーザブルの手袋(清潔なものでなくてよい)をつけて行う。素手で他人の傷のケアを行ってはいけない。

違和感を覚える方もあるようですが、以上が医学的に新しい傷のケアです。最近では、創傷メカニズムの研究も進み、創傷治癒理論に基づいた適切な創傷被覆材を使用すれば、創傷の治癒期間が飛躍的に短縮されます。

原則として行ってはいけない処置

医療機関での創傷処置の実際傷への消毒
イソジン、ヒビテン、オキシフルなどの消毒薬も禁忌。傷の治療を遅らせるだけでなく、感染のリスクも増加し、激しい痛みを引き起こす。常備する必要はない

 

医療機関での創傷処置の実際傷へガーゼを直接当てる
傷を乾燥させる処置であり行うべきではない

 

 

 

医療機関での創傷処置の実際傷へ直接クリームを塗る
クリーム基材には界面活性剤が含まれていて刺激性があり使用すべきではない。キズドライなどクリーム以外の製品でも傷を乾燥させたり刺激を与えたりするような薬剤は使用すべきではない

 

現場でできる傷の応急処置

●ケア材料

1:白色ワセリン、2:食品用ラップ、3:ガーゼ(無滅菌のものでよい)、4:舌圧子、5:ディスポーザブル手袋、6:固定用テープ、7:ビタミンC誘導体含有のジェル(薬局でドクターズコスメの製品にある。写真は代表的な「reversalプラスACプラスジェル」)

●注意点

・現場では水道水で洗浄すれば、清潔にこだわる必要はない

・創面に消毒を行っても感染が防げるわけではない。

●処置の実際

1:水道水での傷の洗浄(異物がしっかり除去できるまで行う)

2:食品用ラップを傷の大きさに合わせて切り取る

3:ラップに白色ワセリンをつける(この場合少量でよい)

4:傷をしっかりと、ワセリンがついたラップで覆う

5:ラップを保護する目的でガーゼを当てる

現場でできる傷の応急処置

医療機関での傷の処置

●ケア材料

左から1:デュオアクティブET、2:バイオクルーシブ、3:アルギン酸塩被覆材、4:コムフィールアルカスドレッシング

●処置の実際

1:傷の水道水での洗浄(医療機関でも精製水や生理食塩水での洗浄は不要)

2:出血している創面はアルギン酸塩被覆材で傷を覆う

3:フイルムドレッシング材のバイオクルーシブ

4:アルギン酸塩被覆材の上からフイルムドレッシング材を張る

5:バイオクルーシブの上からガーゼを当てる(処置用ガーゼはすべて清潔なガーゼでなくてもよい)

医療機関での傷の処置

傷が治癒する仕組み

傷の治癒する仕組みを簡単に解説しましょう。

 

浅い皮膚欠損創は、露出した真皮を表皮細胞が覆うことで傷は治癒します。このとき、表皮細胞は、毛孔から移動・分裂して露出した真皮を覆います。また、周囲の表皮細胞からの移動・分裂もあり、毛孔が残存している浅い傷は、適切なケアを行えば数日で完全に治癒するケースがほとんどです。

 

深い皮膚欠損創(皮下脂肪組織や筋肉、骨に到達するもの)では、肉芽組織が出現して周囲の表皮細胞の移動・分裂が起こります。肉芽組織は収縮する性質があり、欠損創が少しずつ収縮して傷が閉鎖されていきます。

 

縫合創では、次の通りです。

1:創部の血小板が活性化され、凝集して止血が起こる。
2:白血球(好中球)が組織内へ浸潤。3:マクロファージが組織内へ浸潤。
4:表皮細胞が創面を覆う。
5:線維芽細胞がコラーゲンを産生。
6:毛細血管が増殖。

 

創面には、血小板をはじめ多くの細胞が集まってきて、細胞成長因子を分泌して傷を治そうとします。創面がジュクジュクしているのは化膿しているのではなく、正常な創の治癒過程であることをしっかり認識すべきです。創面を閉鎖して湿潤環境を保てば、細胞成長因子がどんどん出現して、短期間での治癒が可能となります。

創面では、細胞培養と全く同じ現象が起こっています。培地は傷表面、培養液は滲出液です。培養には必ず培養液が必要です。培養液がないと細胞は死滅してしまいます。つまり、創面は決して乾かしてはいけません。ガーゼを直接創面へ当ててはいけないのです。

 

<皮膚欠損創の治り方詳細>

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック
 院長

第88回日本美容外科学会会長
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

トップアスリート株式会社

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

 

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

美容外科学会

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

copyright(c) 美容の杜 All rights reserverd