最新の傷・傷痕のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷・傷痕のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

最先端の傷・傷痕の治療法「PRP療法」

自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生

自己多血小板血漿注入療法(Platelet Rich Plasma:PRP)とは、自己血液を使った再生医療のひとつで、1998年、Robert Marxが顎骨再建治療での骨再生の増大目的でPRPを使用しました。PRPは本来人間に備わった自然治癒システムを最大限に利用する再生医療のひとつです。

PRPを用いた治療は歯科用インプラントや糖尿病性潰傷、熱傷、褥瘡など深い傷の治療に実際に利用され大変役立っています。血小板にはたくさんの創傷治癒を促進する因子が含まれています。自己の血液で作成するので安心です。

血小板?

血小板とは、骨髄巨核球より産生されるもので、最大径は約2μm(赤血球:約8μm)、生存期間:約7日~10日。生きて、細胞呼吸をしています。

内部にlysosomal顆粒、dense顆粒、alpha顆粒などの様々な機能を持つ顆粒を産生、貯蔵、放出します。

粘着能、凝集能、放出能、収縮能があり、止血や組織の修復に関係しています。

血小板

血小板は様々な成長因子を放出する

血小板は様々な成長因子を放出する

 

血液像

末梢血液内の血小板 PRPの血小板
末梢血液内の血小板
PRPの血小板

 

自己多血小板血漿(PRP)

自己多血小板血漿(PRP)は自己血液中に存在する血小板を非常に多く含んだ血漿(通常の2倍~7倍)です。このPRPを創部に散布することにより、傷が早く治ります。

慢性潰瘍へのPRP使用例

動脈性潰瘍 PRP散布後10日目
動脈性潰瘍
PRP散布後10日目

 

自己多血小板血漿(PRP)が出来上がるまでの流れ

自己多血小板血漿(PRP)が出来上がるまでの手順を簡単にご紹介します。

超高濃度PRP作成ユニット(MyCells®)を使用

このユニットは、今までNo.1であったリジェン社のキットよりもさらに高濃度のPRPを多量に作成でき、治療効果がさらにアップしました。
キットによって効果が大きく異なり、安価なキットを使用してPRP療法と称して施術を行っている医療機関もあり注意が必要です。
施術費用が極端に安い場合、キットの製材名を明記していない場合は要注意です。
再生医療は安心できる症例数が豊富な医療機関で受けられることをお勧めいたします。

FDAが唯一、生体内投与を認可しているキットは MycellsRのみになります。

 

(2)自己の静脈血採血

自己の静脈血採血採取された血液

(3)遠心分離機で3,500回転、7分で遠心分離

遠心分離機で3000回転、8分で遠心分離 分離後の血液の様子

      <採取した血液>

採取した血液 

(4)遠心分離後3分程度チューブを静置する

(5)フィルター上の血小板の少ない血漿の半分を吸引し捨てる

フィルター上の血小板の少ない血漿の半分を吸引し捨てる

(6)シリンジでフィルター上の血漿成分を吸引し、これをフィルター上に優しく吹きつけPRPを撹拌する

シリンジでフィルター上の血漿成分を吸引し、これをフィルター上に優しく吹きつけPRPを撹拌する

(7)極細の特殊針で患部への注入

10%塩化カルシウム 0.25ccの添加

PRP療法のスポーツ分野への応用

さかえクリニックは現在、PRP療法を美容・スポーツ分野の両方で行っている国内唯一の医療機関です。
順天堂大学大学院医学研究科 小林弘幸教授と共同研究でPRP療法のアスリートへの臨床研究としての施術をスタートしております。

アテネオリンピック・北京オリンピック男子110MH日本代表 内藤真人選手、世界陸上2大会銅メダリスト 為末大選手をはじめ、オリンピック日本代表選手らトップアスリートへPRP療法を行い、有効性が確認されています。


スポーツ/トレーニング外来

 





PRP療法の施術をパラリンピック前に3回行い、長年苦しまれてきたジャンパーズニー・膝蓋腱炎・膝蓋靱帯炎が完治し、4回目の出場が叶いました。

PRP療法を受ける前は、数多くの治療を試みられましたがほとんど一時的で完治に至らず痛みを伴って競技を継続していましたが限界でした。

為末大選手が当院でPRP療法を受けられ復帰を果たしたことをメディアの報道で知って連絡があり施術になりました。

毎回、全国からトレーナー、整形外科医、陸上指導者らを招へいし、セミナー&ワークショップの治療モデルとして被験者になっていただきました。

鈴木選手は引退を決意していましたが、PRP治療を行ったことにより東京五輪を目指して現役を続行され、現在もご活躍されています。

2014年 アジアパラリンピック競技大会 400mリレー 金メダル
2015年 走り高跳び 2m01の自己新(日本新)をクリア




シリンジでフィルター上の血漿成分を吸引し、これをフィルター上に優しく吹きつけPRPを撹拌する

プロゴルファーの諸藤将次選手は、左手の種子骨障害により2年間全く改善しなかった左手の痛みが、現在までPRP治療を3回受けて痛みがなくなり、ツアー復帰できるまでに回復しました。

PRP療法セミナー&ワークショップ映像 (映像提供:株式会社ベリタス様)

   
   
   



>> PRP療法治療ページ(さかえクリニック)

>>PRP療法のスポーツ分野への応用(トップアスリート株式会社)

 


PRP療法にMyCells®を用いた論文

Platelet-Rich Plasma for Androgenetic Alopecia:A Pilot Study

Platelet-rich plasma injections for the treatment of refractory Achilles tendinopathy: results at 4 years

The Effect of Autologous Activated Platelet Rich Plasma (AA-PRP) Injection on Pattern Hair Loss:Clinical and Histomorphometric Evaluation

Single injection of platelet‑rich plasma (PRP) for the treatment
of refractory distal biceps tendonitis: long-term results of a
prospective multicenter cohort study

The Inhibitory Effect of Platelet-Rich Plasma on Botulinum Toxin
Type-A: An Experimental Study in Rabbits

Return to sport after muscle injury

Study of Platelet-Rich Plasma Injections in the Treatment of Androgenetic Alopecia Through an One-Year Period

Platelet-Rich Plasma in Androgenic Alopecia: Myth or an Effective Tool

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック 院長

一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会 理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック 名古屋院

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

トップアスリート株式会社

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

 

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

 

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療