最新の傷のケア


www.sakae-clinic.com/wound/m/

[傷のケア]:早くキレイに痛みなく治す最新の創傷治療

新しい傷の処置と傷が治癒する仕組み-皮膚欠損創の治り方詳細

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

皮膚欠損創の治り方詳細

皮膚欠損創の治り方

■毛孔、汗管(=皮膚付属器官)が残っていればそこから皮膚が再生。

表皮欠損創の場合、真皮さえ生きていれば表皮は再生できるし、真皮が死んでしまえば表皮は再生できないということになる。極めて単純な理論である。
さて、この真皮であるが、これは非常に丈夫な組織である。血流が豊富なためだが、滅多なことでは死なず、感染にも非常に強い(少々ばい菌がついたって大丈夫、ってことですね)。

しかし、この真皮の唯一の弱点が乾燥なのである。乾燥させると真皮は、あれよあれよという間に死んでしまい、真っ黒い痂皮(カサブタ)になる。つまり痂皮は死んでしまった表皮と真皮のミイラなのである。

■皮膚付属器が残っていなければ、肉芽が創面を覆い、その後、肉芽面に周囲から皮膚が遊走・増殖して再生。 肉芽自体も収縮し、創が小さくなる。

この時、創面を乾燥させると肉芽が死んでしまうし、仮に肉芽が覆ったとしてもその表面が乾いていては表皮細胞は移動できない。つまり、このような傷を乾燥させるのは表皮細胞にとって、水も食べ物もなしに砂漠を歩かせるようなものである。

創傷治癒とは組織培養だ

 

培地 ⇒ 傷表面

培養液 ⇒ 滲出液

 
↓ 5日後  

培養には培養液が必要

 
 

培養液がないと
細胞は死滅する

 

傷が治るためには、 培養液が必要

創面は乾かしてはいけない。

創面濡れていないと治らない。

傷のジュクジュクは何か?

細胞成長因子(Growth Factor, サイトカイン)

さまざまな細胞が産生している

種々の細胞の 分裂を促進し、活性化する。

最強の組織培養液!

実はこの「ジクジク」は化膿しているのでも、ばい菌が入ったものでもない。これは傷を治そうとして体が頑張っている結果なのだ。

「ジクジク」した状態というのは、傷口を治す細胞にとって最も働きやすい状態ということになる。というか、傷口に集まってきた細胞が、自分たちが最も働きやすい環境を作るために、いろんな物を分泌している、という風にも考えることができる。

湿潤療法の意味

湿潤療法の意味

閉鎖すれば細胞培養が進み

創はすぐに治る

傷が治るには成長因子が重要である。成長因子は主に、血小板とマクロファージが産生する蛋白質で、血小板に作用する成長因子、上皮細胞に作用する成長因子、血管新性に作用する成長因子・・・というようにターゲットとなる細胞ごとに成長因子がある。 低濃度の成長因子はターゲット細胞の遊走に作用し、高濃度の成長因子はその細胞の増殖を促す。 つまり、最初は成長因子は分泌されたばかりで低濃度なので、これがターゲット細胞の引き金を引き、次第に濃度が高くなると遊走先でそれらの細胞が増殖する。 この「低濃度から高濃度へ」という変化のためには、創が密封されていたほうが有利である。産生される成長因子がどんどん外に流れ出るようでは、いくら待っても「高濃度」にはならず、細胞は遊離するものの増殖への引き金が引かれないことになるからだ。 要するに、閉鎖された環境でこそ、コラーゲン産生も、上皮化も、血管新生もうまく進むのである。そして、ターゲットとなる細胞にとっても、体温により近い温度のほうが遊走にも増殖にも有利なことは常識的にもわかるだろうし、この温度保持が創傷被覆材による閉鎖でもたらされる。

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

スポーツ/トレーニング外来

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏
順天堂大学医学部 
非常勤講師

さかえクリニック 院長

一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

末武信宏

子供たちやアスリートを
間違った医療から守れ!

当院では、ボランティアで
新しい傷のケアの普及に
努めております。

<略歴>

重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。
障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。
微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。

●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。
第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医 
第219号
日本美容外科学会医師会理事
●2004年所属選手 アテネ五輪出場 
さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー
(JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

各院アクセス

さかえクリニック

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階

Tel:052-953-9676

地図

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。 診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

 

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

 

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

 

<<論文>>

医師向けの教育論文を発表しています。

美容外科における創傷治療法

 

<<投稿>>

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。

■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技

 

■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

 

<<パブリシティ情報>>

これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。

>>パブリシティページへ

 

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
■夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、

■水原 章浩 先生の書籍

も ご覧ください。

美容外科学会

夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから
購入可能です

■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD

■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ

■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips

■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す

■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言

■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染

■これからの創傷治療

 

水原 章浩 先生の書籍はこちらから
購入可能です

■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法

■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編

■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

copyright(c) 美容の杜 All rights reserverd