早くキレイに痛みなく治す創傷治療

TEL:052-953-9676受付:10:00〜19:00 定休日:水曜日

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

「傷を消毒」することのリスク

日本形成外科学会雑誌にクロルヘキシジン(ヒビテンとかマスキン)によるアナフィラキシーショックの症例報告が掲載されていました。

今沢 隆ら:グルコン酸クロルヘキシジン使用後にアナフィラキシーショックを起こした1症例. 日形会誌, 23; 582-588, 2003

局所麻酔で手術をしていて、閉創前に0.05%グルコン酸クロルヘキシジンで創面の消毒を行なったところ、その20~30秒後に心拍数が低化し、血圧は測定不能、呼吸停止をきたしたが、アンビューバッグによる呼吸補助と酸素投与により、3分後に自発呼吸を認め、意識が戻ったという報告です。そして、次のように書かれています。

グルコン酸クロルヘキシジンは市販の歯磨き、軟膏、薬用クリーム、うがい剤に使用されているため、この症例は過去に何らかの薬剤から感作を受けていた可能性があり、今回のアナフィラキシーが発症したものと思われる。

国内では過去21年間に32例のアナフィラキシーショックなどのアレルギー症例の報告がある。
1980年、厚生省はオキシドールを発癌性の問題から口腔内での使用は行なわないようにとの情報を出しているが、まだ多くの施設で使われている。さらに、医薬品としては粘膜での使用が禁止されているグルコン酸クロルヘキシジンが医薬部外品としては粘膜での使用が認められ、最近では予防歯科の観点から日常生活での使用が奨励されている。

「傷を消毒」することのリスクをもっと知ってくださいね。

「傷を消毒」されているとアナフィラキシーショックを起こす危険性がある。つまり、ちょっとした傷で病院を受診し、2回以上、クロルヘキシジンで消毒されたとたん、血圧低下、呼吸停止をきたす可能性があります。

粘膜面へのヒビテンの消毒は早くから禁忌とされていました。
応急処置をする全ての医師がこういった知識があるわけではありません。

創面を消毒すると、皮膚の消毒より直接的に生体に作用します。

もし、医療機関をちょっとした怪我で訪れて何の説明もなく消毒をされそうになったら、必ず消毒の意味を聞いてください。

もちろんキズドライという創部への消毒かつ乾燥を引き起こす有害商品はもってのほかです。自宅に常備されていましたら子供が誤って使用しないよう即座にゴミ箱へ捨ててください。


<国民生活センターからの警告>

パウダースプレー式の殺菌消毒薬は、キズをひどくすることがあります!
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-980618.pdf


是非ともこの商品に関するメーカーのお考え、多くの批判や有害商品という認識へのご回答を期待しております。

このサイトを企業の関係者の方がご覧になってご意見を頂けましたら内容をご紹介させていただきます。

傷を乾かしてよいのか?

消毒してよいのか?

上からスプレーすることでかえって不潔にならないのか?

また、確実にこの商品が創傷治療に役立ち、感染を防止したり、痛みを改善させたり治癒を促進させるというデータを公表していただけましたら幸いです。

長年にわたって販売され多くの消費者に愛用されている商品なのでこのサイトで問題商品との評価が適切なものではないかもしれません。

このサイトではあくまでも一方的な情報をお伝えするのではなく有用と考えられる情報はすべてご紹介させていただく方針です。

メーカー側のご意見が多くの医師や消費者を必ず納得させると考えております。

よろしくお願いいたします。


<国民生活センターからの警告>

パウダースプレー式の殺菌消毒薬は、キズをひどくすることがあります!
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-980618.pdf


また、最近の医学書の多くは、特別な場合を除いては傷への消毒は禁忌、傷の湿潤療法に関します記述があり、こういった知識が無い医師は責められるべきですね。

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>


ドクター紹介

医学博士 末武 信宏

末武信宏

順天堂大学医学部  非常勤講師

さかえクリニック 院長
一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

子供たちやアスリートを 間違った医療から守れ! 当院では、ボランティアで 新しい傷のケアの普及に 努めております。

<略歴>
重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。 障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。 微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。
●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。 第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医  第219号
元日本美容外科学会医師会理事
2004年所属選手 アテネ五輪出場  さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー (JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

アクセス

さかえクリニック
TEL:052-953-9676

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階
受付:10:00〜19:00
定休日:水曜日

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。
【論文】
医師向けの教育論文を発表しています。
美容外科における創傷治療法

【投稿】

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。
■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技
■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

【パブリシティ情報】
これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。
>>パブリシティページへ

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、
■水原 章浩 先生の書籍もご覧ください。

美容外科学会 夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから 購入可能です
■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD
■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ
■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips
■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す
■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言
■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染
■これからの創傷治療

水原 章浩 先生の書籍はこちらから購入可能です
■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法
■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編
■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

トップアスリート株式会社

自律神経ビジネスサイト