早くキレイに痛みなく治す創傷治療

TEL:052-953-9676受付:10:00〜19:00 定休日:水曜日

新しい傷のケアの考え方

ケガ、手術など傷跡の治療はご相談ください。

(あくまでも一般的な応急処置となります。重大な汚染創や、多くの異物混入がある場合は除く。)

ここ数年で傷のケアに対する考え方や治療法が大きく変化を遂げました。

これまでは、擦り傷でも切り傷でも、まず消毒して、清潔なガーゼを当てて早く瘡蓋を作る。そして毎日消毒して清潔なガーゼでしっかり傷を覆う、という処置を、なんの疑いもなく医師も医療従事者も保護者もスポーツ指導者も行ってきました。

しかし、これら従来の治療法は大きな誤りです。 従来の処置を繰り返せば繰り返すほど、傷の治りは悪くなり、痛みは増強し、汚い傷跡が残ります。20年以上にわたり、美容外科専門医として傷をいかにキレイに早く、痛みが少ない方法で治癒させるかの臨床的研究に取り組んできました。小外科手術を含め、数万症例の手術や傷のケアのなかで、臨床経験と創傷処置理論とがぴったりと一致しました。それは、痛みがなく、早く、キレイに、しかも安価で簡単にできるケアです。子どもの傷、スポーツ選手の傷、すべてに適応できる新しい理論と処置法です。
最新のエイジングケア・美容診療と創傷治療を同時に行っているのは当院のみです。キズ跡だけでなく妊娠線等、あきらめてしまっていたものも、あきらめないで一度ご相談ください。

3歳の子供のすり傷 3歳の子供のすり傷 3歳の子供のすり傷
3歳の私の長女のすり傷 消毒ガーゼはせずビタミンC誘導体ジェルを塗布しフイルムドレッシング材を張る わずか30時間足らずで傷が消え、ほとんど痕もわからない状態に

子供の傷に「消毒」「ガーゼ」は絶対に使用しない!
瘡蓋(かさぶた)は絶対につくらない。

正しい傷の処置と傷が治癒する仕組み口腔内の傷や縫合創はどうして雑菌がウヨウヨいるのに化膿しないのか知っていますか?

新しい傷の処置と傷が治癒する仕組み

正しい傷の処置と傷が治癒する仕組み
傷の処置は、特別な医療用材料を使用しなくても、必要十分な対応が可能です。医学的に新しい傷のケアの方法と、浅い皮膚欠損創、深い皮膚欠損創、縫合創それぞれについて、傷の種類ごとの治癒する仕組みを簡単にご紹介します。

詳しくはこちら

傷の処置の重要事項

傷の処置の重要事項傷を負った直後に真っ先に行うべきケア・傷の治りを悪くするだけでなく、大きなリスクの危険もあり、 痛みも増強する絶対に行うべきではない処置・処置の際に使用すべきではない素材・処置後のケアなど傷の処置に関する重要事項をご紹介します。

詳しくはこちら

代表的な医療用創傷被覆材の種類

代表的な医療用創傷被覆材の種類最新の方法で行われる創傷治療で使用される、代表的な医療用創傷被覆材の特徴や使用方法などの詳細をご紹介します。

詳しくはこちら

医療機関での創傷処置の実際

医療機関での創傷処置の実際私のクリニックには、一般のアスリート以外にも多くの格闘技の選手が試合後の傷の治療で訪れます。そのなかでも打撃系の格闘家の傷は切創、挫傷が多く、縫合を必要とするケースがほとんどです。この場合、傷のケアの方法により傷の治癒期間、その後の選手の競技パフォーマンスに大きな影響を与えます。 傷のケア1つで大きく選手生命が変わってしまうことを、選手、指導者、治療を担当する医師が認識しなければなりません。

詳しくはこちら

治療の実際

新しい傷のケアを行った場合の症例写真をいくつかご紹介します。
治療の実際

詳しくはこちら

最先端の傷・傷痕の治療法(美容皮膚科的治療)

最先端の傷・傷痕の治療法をご紹介します。

自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生自己多血小板血漿注入療法(Platelet Rich Plasma:PRP)とは、本来人間に備わった自然治癒システムを最大限に利用する再生医療のひとつです。

詳しくはこちら

ヒアルロン酸注入法による傷痕の治療
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生「傷痕」として残ってしまったものに対する治療として、ヒアルロン酸注入により傷痕を目立たなくする方法があります。

詳しくはこちら

LEDによる創傷治療
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生特殊な組み合わせを持つ光のシグナルを受けて、ミトコンドリアはスイッチが入ったようにエネルギー生産量を上げ、細胞はどんどん元気になり、肌が活性化して、代謝が上がり創傷治癒も促進されます。

詳しくはこちら

フラクショナルレーザーシステムによる傷跡の治療
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生皮膚を剥離(はくり)せずに1c㎡あたり1000ミクロ単位以上の微細な照射をする事で、皮膚を入れ替えコラーゲンの再生をうながすという治療で、傷跡のケアが行える最先端のシステム。

詳しくはこちら

VIVACE(ビバーチェ)による傷跡の治療
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生1㎝四方の機器先端部には36本の特殊構造の針が設置されており、LEDと同時に針先から高周波を照射することで真皮層内にコラーゲンとエラスティンが再生され、傷跡の治療に有効です。

詳しくはこちら

グロスファクター(成長因子)による傷跡の治療
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生グロスファクター(細胞増殖因子)とは、私たちの体内でコラーゲンやエラスチンを生成する細胞をはじめ、全ての細胞増殖をコントロールする働きを持つタンパク質の一種。細胞を活性化させ、皮膚を若々しくする働きがあります。

詳しくはこちら

ビタミンC誘導体による傷跡の治癒促進
自己多血小板血漿注入療法を応用した皮膚再生ビタミンC誘導体には、線維芽細胞の働きを高め傷の治癒を促進し色素沈着を抑制する効果があります。驚くほどの治療効果が得られる場合もあります。

詳しくはこちら

<創傷治療に関します ご意見・ご批判・最新情報に関しまして。>

ドクター紹介

医学博士 末武 信宏

末武信宏

順天堂大学医学部  非常勤講師

さかえクリニック 院長
一般社団法人先端医学スポーツアカデミー副代表理事
日本美容外科学会認定専門医
トップアスリート株式会社代表取締役

子供たちやアスリートを 間違った医療から守れ! 当院では、ボランティアで 新しい傷のケアの普及に 努めております。

<略歴>
重度身体障害者で苦しんだ亡き母親と2人で生きてきました。 障害者の方々や障害で悩む子供たち、病で苦しむ方々のためへ癒しを提供させていただける活動を命が続く限り行っていきたいです。 微力ながらボランティアでできること。少しづつ始めていきたいと考えております。
●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
オリンピック日本代表選手、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の身体能力向上、各種格闘技のリングドクターとして創傷ケアに努める。
プロボクシングトレーナー(JBC認定)として世界ランカーらを指導・創傷ケアして世界チャンピオン育成に努めている。 第88回日本美容外科学会会長
●日本美容外科学会認定専門医  第219号
元日本美容外科学会医師会理事
2004年所属選手 アテネ五輪出場  さかえクリニックトラッククラブ(陸上競技部)総監督
●プロボクシングトレーナー (JBC認定 No.31532)
プロ野球主力選手 メディカルトレーナー
各種プロ格闘家専属トレーナー

アクセス

さかえクリニック
TEL:052-953-9676

愛知県名古屋市中区錦3-5-21
錦HOTEIビル2階
受付:10:00〜19:00
定休日:水曜日

創傷治療法に関しますお問い合わせのメールやお電話が急増して対応できない状態になりました。診察できない状況での回答は誤解も生じる場合もありますので控えさせていただいております。
創傷治療に関しましてメールやお電話で直接お問い合わせいただきましても回答できかねますのでご了承ください。
【論文】
医師向けの教育論文を発表しています。
美容外科における創傷治療法

【投稿】

スポーツ関係者向けの雑誌に投稿しています。
■早く、キレイに、痛みなく治す新しい創傷治療の考え方と手技
■格闘技イベントで重要なリングドクター業務

【パブリシティ情報】
これまでに取材・掲載いただきました内容をご紹介します。
>>パブリシティページへ

さらに詳しく創傷治療を学びたい方は、
夏井 睦 先生のサイト・DVD・書籍、
■水原 章浩 先生の書籍もご覧ください。

美容外科学会 夏井 睦先生の書籍・DVDはこちらから 購入可能です
■Dr.夏井の創傷治療大革命 ケアネットDVD
■痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ
■ドクター夏井の外傷治療「裏」マニュアル―すぐに役立つHints&Tips
■さらば消毒とガーゼ―「うるおい治療」が傷を治す
■創傷治療の常識非常識―〈消毒とガーゼ〉撲滅宣言
■創傷治療の常識非常識〈2〉熱傷と創感染
■これからの創傷治療

水原 章浩 先生の書籍はこちらから購入可能です
■傷の正しい治し方―創傷から褥瘡のラップ療法
■傷の正しい治し方〈PART2〉そこが知りたいラップ療法実践編
■傷の正しい治し方〈PART3〉ラップ療法による新しい熱傷、皮膚科治療

「これ」だけやれば健康で輝けるDr.小林のセル・エクササイズ

さかえクリニックは、スポーツ分野の皮膚外傷において最先端の美容治療を導入している全国で唯一の医療施設です。

アスリートのための治療とトレーニング・ケア

トップアスリート株式会社

自律神経ビジネスサイト